教科紹介

国 語

第1学年の「国語総合」では、古典・現代文の基礎を総合的に学び、第2学年では近世を中仕切りにして、それ以前の古典(漢文を含む)を「古典A」で、近世以後の作品を「現代文A」で扱い、鑑賞力を磨きます。「日本語表現」では、少人数クラスによるグループ発表、調査・取材、文章・音声表現、創作といった実技を通して、表現力を養います。第3学年の「日本語各論」では、専門性の高い内容を深く学び、自由選択科目では、多彩なテーマに沿って、少人数制の長所を活かし各生徒の探求心に応え、豊かな個性を伸ばします。3年間を通して、自ら考え判断する確かなことばの力を身につけることに、本カリキュラムの主眼があります。

特色ある授業


社 会

社会科(地理歴史・公民科)では、必修科目として第1学年次に「現代社会」、第2学年次に「世界史B」、第3学年次に「日本史B」・「政治・経済」を学び、あわせて第3学年次には、自由選択科目として、より専門性の高い「社会A」~「社会D」も選択履修することができます。

授業内容は、いずれも生徒諸君の高い知的関心に応え、大学での学びや社会生活を強く意識したものとなっています。履修を通じて、歴史や法律、政治、経済などに関する基礎的な知識と教養が身につくと同時に、これらの諸分野への関心が深まり、自分の力で読み、調べ、考えることができるようになるはずです。

特色ある授業


数 学

第1~2学年では、全員が高校数学の知識を身に付けられるように、2科目をそれぞれ週3時間とじっくり時間をかけて、基礎から教科書の内容を超えた応用に至るまでを学びます。また第3学年の自由選択は、大学進学も視野に入れながら多様な数学を学びます。そこでは、経済学等を学ぶための微積分、理工学部・医学部への進学希望者のためのより深い内容の微積分、さらに、年度によって統計学や線形代数学等の講座が用意されています。3年間の授業を通して、文化としての数学に関しても様々な話を聞けることでしょう。


理 科

理科の方針を一言で表現するならば『実践主義』ということになります。第1 学年では箱根火山を訪ねて自然科学に必要な観察力を養い、第2学年以降では自らの意思で選択した2 科目について窮めていきます。物理・化学では各自の観察力と論理的理解が重視され、大学課程に匹敵する実験が行われます。生物・地学では校内の自然環境を十二分に活用した生物演習と専門性の高い地学演習。そして、その延長に気象予報士資格取得講座なども用意されています。理科の全科目を通じてレポートによる自己研鑽が重視されます。

特色ある授業


保健体育

保健体育では、3年間の学習を通じて、生涯に渡って運動に関わり続けるために必要な知識や技能を身につけさせることを目指しています。
・体育は、第1~2学年で「球技」や「水泳」、「長距離」などを行います。「球技」では、基本技術を中心にゲームが楽しめるまで学習し、基礎体力の育成も重視しています。「水泳」では、能力に応じて泳ぎ方の学習を進めています。「長距離」では、さまざまな距離を走ることで持久力の向上を図るとともに、12 月に行われるマラソン大会(10km)の準備を行います。第3学年では、主に「球技」を行い専門的な理論に基づく高度な技術の習得とゲームへの応用までを学習していきます。
・保健は、第1学年で週2時間勉強します。講義形式の授業以外に学習発表やレポートを通じて保健の理解を深める機会を設けています。

美 術

志木高の美術の授業は充実しています。普通科高校では美術の授業が減少傾向にあるなかで、志木高では第1学年から第3学年まで必修選択で2単位づつ授業が確保されています。また第3学年次には自由選択授業( 芸術B) も履修でき、多感な高校時代に美術に触れる機会がしっかりと準備されています。授業ではデッサン・アクリル画・立体作品などを扱い、様々な資料や時には志木高の自然もモチーフとして、作品が独自の物となるように生徒それぞれが工夫できるように授業を進めていきます。自由な雰囲気のなかでの作品制作を通じて、自分の視点で物を見る感性を養い、自らの秘めた可能性に気づくのです。それとともに友人の良さにも気づき、お互いを認め合う雰囲気で日々の授業が行われています。


音 楽

音楽を愛好するための知性・感性を豊かに育成していくことを目標に授業を行っています。第1学年音楽選択者に対しては、独唱や合唱による「歌唱」を中心に、「器楽」、手拍子等を駆使した「リズム表現」など、主として実技を通じて自己の表現の手段を拡大していくことを目指して授業を行います。第2・3学年音楽選択者は、実践的な学習を通して音楽へのさらなる理解を深めていきます。第2学年では「歌唱」(合唱)の授業展開を柱に置き、またボディーパーカッションや楽典なども行います。第3学年では過去の偉大な作品を楽譜をもとに分析し、楽曲がいかに作曲されるのかレポート作成を通じて明らかにしていきます。


外国語

英語の授業においては基本的な知識・技術の定着と応用力の育成を目標にしています。単語や文法の小テストが定期的に行われるクラスもあり、授業の準備をして臨むことが要求されます。また教科書だけでなく、別の読み物が取り入れられることもあります。他にもネイティヴ・スピーカーの教師が少人数で行うスピーキングのクラスや、音声面の基本的な事柄を学んだ後、個人やグループで発表することが求められるクラスがあります。第3学年次には選択授業として、英語に加えてドイツ語とフランス語の講座が設けられます。どの講座も特色があり、映画や小説または音楽など様々な素材を使って言語に触れようとする試みが見られます。希望者が集まって授業を受けるので、内容も濃く深いものとなります。


家 庭

高等学校の家庭科では、家庭を経営する主体としての立場から学習することとされています。本校では主として消費者教育・家族の法律・家事労働論などの社会科学系の内容に力を入れていますが、その他にも食物の分野では調理技術よりは家族の健康管理に関わる栄養学的なトピックを、被服製作では自分が着るためというよりも製作を通じて人に喜んでもらうことを目標にしています。単なる知識の習得にとどまらず、さまざまな作業を通じて勤勉さなどについても洞察できるよう配慮しています。


情 報

第1学年次に「情報の科学」(必修科目)、第3学年次に「情報処理」(選択科目)を設置しています。情報の科学では年間時数の半分以上を実習に割り当て、コンピュータの操作方法、情報モラル、ワープロ・表計算ソフトウェアの使用方法、Web Page 作成、コンピュータのしくみなど基礎的な事項を学習します。また情報処理では希望選択者を対象に情報の科学を基礎科目として、発表(コンピュータを用いてプレゼンテーションを行う)、プログラミングなど一歩進んだコンピュータの使い方に関して学習をします。また休み時間にはコンピュータ教室を開放し、自主学習ができるようにしています。


自由選択科目

本校のカリキュラムの中でも最大の特色が、第3学年次に履修することになる「自由選択科目」です。第2学年次に行われるガイダンスと『講義要綱』を参考に、自分の興味・関心や進路に応じて、5科目計10 単位を選択することができます。例年20 以上の講座が開講されており、講義や演習、実験、プログラミングや作品の制作、合唱に至るまで、非常にバラエティに富んだ授業が展開されています。授業内容は時に大学レベルにも及び、生徒たちはこれらの科目を履修し、思索を深めながら、人生の基礎となる広い知識と豊かな感性を育んでいきます。
[2012~2014 年度の開講例(一部)](※年度によって変わることがあります)
「『史記』列伝の講読」「自然と文学」「近・現代文学―鑑賞と創作―」「日本SF入門」 「日本語の音声表現」「日本文化 基礎のキソ」「日本美術史」「経済史入門」「近代ヨーロッパ社会思想史」「法学入門―社会のルールはどうなっているのか?」 「パーソナルファイナンス―あなたのコレカラをデザインする―」「微積分基礎」「線形代数学」「日本の四季の天気―天気予報のための読図と予想」「男声合唱の世界」「『おおきな立体作品を制作しよう』」「Through the Looking-Glass and What Alice Found There講読」「Let's Enjoy Being a Critical Thinker!」「音法」(英語)「ドイツ語」「フランス語」

特色ある授業


研修旅行

11_研修旅行.jpg研修旅行は学習を目的とした旅行で、第1・2学年次に実施されます。
第1学年は「総合的な学習の時間」の一環として、2泊3日で箱根に赴きます。2学年は、3泊4日で諏訪から糸魚川地域周辺を訪ねて理科の総合的な研修を行います。

詳細は年間行事をご覧ください。