ニュース

2013.07.05

クラスマッチ(球技大会)が行われました。

7月1日(月)、2日(火)、3日(水)の3日間にわたり、本校校庭ならびに体育館におきましてクラスマッチが行われました。2001年度以前は7月の夏季休暇前に行われていたクラスマッチですが、2002年度から2012年度まではゴールデンウィーク後かその中日を利用して開催されてきました。そして、今年度から定期試験の翌週に実施する、という運びになりました。さらに新たな試みとして、種目数を減らす代わりに学年ごとに分けて3日間で開催することで、生徒一人一人の出場時間を増やし、学年ごとに結束が図れるようにしています。
3日間とも「快晴!」という訳には行きませんでしたが、むしろ雲間から時折日差しがさす程度の心地よい気候の中で、生徒たちは熱中症の心配をすることもなく伸び伸びとプレーができたようです。
ソフトボールと9人制バレーボールの2つの種目を校庭(サッカー場+野球場)と体育館に分かれ、それぞれの球技を満喫しました。1日(月)は1年生が行い、バレーボールは決勝戦でA組と対戦したF組が勝利をおさめ、ソフトボールは同じく決勝戦でD組と対戦したA組が勝ちました。2日(火)に行われた2年生の試合では、ソフトボールはF組と決勝を争い、バレーボールではA組と決勝を争ったG組が勝利を収めました。これでG組は運動会に引き続いての学年優勝ですので、現在体育行事においては同学年では無敵を誇っています。3日(水)は3年生が競技を行い、ソフトボールでは決勝でF組と争ったE組が勝ち、バレーボールではE組と決勝を争ったD組が優勝しました。いずれの種目、試合とも好プレー、珍プレーが時折飛び出す中、和気あいあいと生徒たちはゲームを進めていました。
開催期間を通じて大きな怪我もなく、試験終了後の(そしてまだ答案が返却されない)晴れ晴れとした気分で、それぞれがスポーツを楽しみ、クラスの団結力を高めたようです。
1年生(7/1)
2年生(7/2)
3年生(7/3)

このページの上部へ