ニュース

2014.06.14

運動会が行われました。

20140529_athletic meet (1).jpg5月29日(木)、本校サッカー場・ラグビー場において恒例の運動会が挙行されました。当日は、体育行事実行委員会(生徒)の指揮の下、器楽部の諸君の演奏に合わせて入場行進が行われ、その後の開会式では、塾旗の掲揚や髙橋 郁夫校長による挨拶、全校生徒を代表して実行委員長の栗原 芳季君(3年)による選手宣誓などが行われました。そのなかでは、塾歌や「若き血」の斉唱も行われましたが、1年生の箱根研修旅行での應援指導部(大学)のご指導の甲斐もあって、1年生から3年生に至るまで、大きな声で元気よく斉唱していたのが特に印象的でした。

開会式に続いて行われた競技では、100m走やクロスカントリーなどの個人種目、「台風の目」(1年)・「背中渡り走」(2年)・「籠屋」(3年)などの学年別種目、各種リレー・障害物走やムカデ競走・仮装行列などの団体種目でクラスごとに得点が競われたほか、部活対抗リレーなども行われました。1年生もすっかり打ち解けた様子で、全学年にわたって、クラス旗を振るなどして懸命に仲間を応援する姿が見られました。

競技の最後に行われたのが、名物の騎馬戦。全校生徒による紅白戦ののち、学年ごとに選ばれた代表による大将戦が行われました。全校生徒や保護者の皆様ほか多くの観客が見守るなか、代表となった生徒たちは日頃の鍛錬の成果を十二分に示し、勝利した大将が胴上げされる一幕もありました。

その後の閉会式では、副実行委員長の宇野 晋一郎君(3年)による成績発表によって各学年の優勝クラス(1年F組・2年B組・3年A組)が紹介された後、大塚 彰主事による審判長講評、髙橋校長の挨拶と続きました。途中、髙橋校長から実行委員長の栗原君が壇上に招かれ、栗原君ほか体育行事実行委員の諸君にねぎらいの言葉がかけられると、会場は大きな拍手に包まれました。こうして、終始和やかな雰囲気のなか、2014年度の運動会は無事に終了しました。


年間行事

このページの上部へ