ニュース

2017.02.24

オーストラリア国際交流 交換留学報告

日本とは季節が逆のオーストラリア。交換留学生だったLouis 君から日本での思い出を綴ったメールが届きました。

11月25日(金)~ 12月9日(金)までの日程で、オーストラリアクイーンズランド州にある私立男子校Toowoomba Grammar School(以下、TGS)で日本語を学んでいる高校生Louis Tidswell君が、本校に短期留学しました。Louis 君にとっては、9月に17名のTGS生と共に本校を訪れて以来、2回目の滞在となりました。冬の滞在期間中は、ホストブラザーの菱刈太一君(3年)と共に、通常の授業はもちろんのことマラソン大会にも参加しました。以下は、Louis 君と短期交換留学生としてTGSを訪問した菱刈君それぞれの感想です。

 

Louis Tidswell  Toowoomba Grammar School

The Keio Shiki / TGS exchange program was very enjoyable. Getting to experience another country by attending school there is something not everyone gets to do, and I was glad I could do it in Japan. All the Keio Shiki students were so approachable and seemed so interested in everything I did. I did not feel nervous having to speak in front of them because they were so nice. Keio Shiki is similar in some ways to TGS but different in others, getting to experience how another culture does the same activity (attending school) really gave me a feel for how people in another country live. With basically no English being spoken during the day, it forced me to try and understand anything I could which helped to develop my language skills far more then studying Japanese in Australia could have. I was lucky to experience homestay with a Keio Shiki student and his family twice, and both times I was amazed with the hospitality of the families. They were so open and accepted me into their home from the moment I walked into the house, this made it very difficult to leave as I felt like part of the family. Myself and the other students from TGS all received many gifts from the families which we weren't expecting and made us rethink how to host the next person who comes to stay at our house. Overall I think the Keio Shiki exchange program was a great experience and I would definitely recommend Keio Shiki Senior High School to anyone looking to do an exchange in Japan.

 

菱刈太一 慶應義塾志木高等学校3年 

私は訪問3週間、受け入れ2週間の、合計5週間の国際交流を通じて色々なことを学んだ。現地の高校に行った際には3週間、ホストブラザーの授業を受けたが、志木高との授業風景とは全く異なるものであった。多くの授業で彼らは積極的に発言をしていることに刺激を受けた。また英語についてだが、授業などを聞いても分からないところが多々あり、まだまだ勉強不足であることを改めて実感した。オーストラリア滞在中にはホストブラザーが所属する軍隊チームの練習を見学し、電子銃の撃ち方などを英語で教えてもらい、文化の違いを痛感した。また、彼とは魚釣りという共通の趣味があり、オーストラリアの海釣りと日本の海釣りの違いなどをよく話しをした。現地では船を使って釣るのが一般的らしく、護岸から投げて釣る日本の方法に驚いていた。その夏が終わり、今冬ホストブラザーが日本に来たのだが、そのときに感じたのがまずは自分が日本のことをより知らなければいけないということである。例えば日本食や日本の工芸品についてなど、なかなか上手く説明できないこともあり、海外の文化を知る前にまず日本のことを把握するのもまた大切であることを知った。無事この2週間も終わり、彼が帰国後も毎日連絡を取り合う仲であり、これからもこの良好な関係を維持していきたいと思っている。

2016AUS01.jpg2016AUS02.JPG

2016AUS03.jpg

このページの上部へ