9月28日(火)、9月29日(水)に1年生全員を対象としたBLS講習会を本校体育館で行いました。「BLS」とはBasic Life Support(一時救命処置)の略称で、日常生活の中で突発する健康危機に対して市民が即座に判断し、とるべき行動をまとめたプログラムです。本校では1999年から行っています。

当日は、2名の講師の方に来校していただき、胸骨圧迫、人工呼吸、Automated External Defibrillator(自動体外式除細動器)の使用方法について指導していただきました。また止血方法、ショック状態の人への対応、熱中症の対処方法についての講義もしていただきました。

新型コロナウイルスの影響で学校行事の中止や内容の変更が相次いでいますが、感染対策を行いながら、例年通り実施することができました。新型コロナウイルスの治療に当たる医療従事者の方々に感謝の念を持ち、万一の時には今回の講習で学んだことを少しでも生かしてもらえればと思います。